生理前になると普段の化粧水をつけても肌がピリピリする感じ!どうしたらいいの?

生理前になると、それまでは平気だったのに普段使い慣れている化粧水をつけると肌がヒリヒリするといった人は意外と多いようです。他にも生理前になると肌がベタついてニキビができやすくなるとか、毛穴が詰まってポツポツと目立つ、という人もいます。

ホルモンバランスが変化する生理前は、特に黄体ホルモンが増えて皮脂が過剰に分泌されます。この黄体ホルモンは男性ホルモンに似ており、排卵日を境に「女性ホルモン優位」から、黄体ホルモンが増える変化があります。ですから、皮脂が多く分泌される生理前になると毛穴が詰まったりニキビができやすくなるんですね。さらにホルモンバランスの崩れから、肌が敏感になります。バリアー機能が低下するので、外からの刺激に反応しやすくなってしまうわけです。

そこで大切になるのが、保湿ケアです。
ニキビができているのに「保湿?」と思うかもしれませんが、敏感になっている肌には充分な保湿が大切なんです。普段使っている化粧品でヒリヒリしたり、肌が赤くなってしまうというのは、その時期になると肌のバリアー機能が弱くなり、大変敏感になっているからです。肌を守るためにも充分な水分量が必要ですし、保湿することで肌をカバーできます。
保湿効果があり、できれば女性ホルモンの増減などに適したスキンケア製品を選びたいですね。

特にホルモンバランスの変動が激しい人は、肌の乾燥と皮脂過剰を繰り返し、乾燥と過酸化脂質の刺激を交互に受け、コラーゲンに活性酸素が悪影響してハリ感を失うことに繋がります。

またそのような状態は急に小じわができていることに気づきがち。ホルモンバランスの乱れが激しいと肌状態の変化も激しいため、わずかな変化を見落としがち。特に乾燥からくる小じわには要注意。深いシワは年齢でいいわけがたちますが、乾燥小じわはスキンケアに失敗した証拠です。(乾燥小じわについてはこちらで詳しく)。

深いシワさえ気にしていればというのは大間違い。本当に怖いのは乾燥小じわ。生理変動に悩んでいる人は、常に肌が長時間乾燥していないかチェックが必要ですよ。