生理前の肌荒れ対策に必要なのは「保湿」です!

生理前になると肌荒れに悩まされる女性、とくにアゴのあたりにできるニキビに悩んでいる人が多いようですね。
ニキビや毛穴の詰まりがあると、「皮脂が多すぎてベタついているんだわ」と、洗顔などで余分な皮脂をとりのぞく方法をとりがちです。

【生理前の肌荒れには「保湿」が効果的!】
・生理前は皮膚のバリアー機能が落ちている
・肌の水分量が減ると肌荒れを起こしやすい
・もともと乾燥しがちだと敏感肌になりやすく、ホルモンバランスが崩れた時だけニキビがたくさんできてしまう
◎つまり、顔がベタつくからといって、ニキビができているからといって、皮脂をとりのぞく事ばかりに集中してしまうと逆効果になってしまうのです。大切なのは、肌がなるべく健康な状態になって、ホルモンのバランスが崩れて皮脂が増えても、毛穴の詰まりなどが起きにくいようにする事です。
◎そこで、生理前のニキビや肌荒れを防ぐには適切な保湿ケアが必要となるわけです。

保湿ケアといっても、油分たっぷりのクリームや美容液をつけるという事ではありません。肌に必要な水分量をしっかりとキープできるような潤い成分の入った保湿ケアが大切です。
生理前だけでなく、普段からきちんと肌の水分量を意識して保湿ケアをしていれば、敏感肌になりづらく、ニキビもできにくくなります。
さらに、つけ心地がさっぱりとして爽快感のあるものを選ぶといいですね。

既にニキビができやすくなっていて生理前になるとひどくなるようであれば、まずは敏感肌用の刺激の少ないスキンケア製品を選びましょう。皮膚の健康を取り戻してから、今度は普段からしっかり保湿ケアや美容液でケアをします。

敏感肌向き、となっている保湿スキンケア用品の中でも、本当に刺激に対して考慮されているものの多くはセラミドを採用しているのもポイント。荒れやすい肌にアレルギー原因とならず、浸透性も高いため素早く長く潤いを維持できるため、生理前の肌荒れ保湿にも最適。

化粧水等がしみるなら、セラミドが高配合されたクリームを使うのがベストですね。正直言ってセラミドクリームもピンきりなのですが、こだわって作っていそうなところならだいたいハズレはない感じです。ただ単にセラミドを加えました~というものはイマイチですね(セラミドクリームの候補はこういったもの)。

とは言っても、荒れているときの上から塗るのはあまりよくありません。普段からのスキンケアとして使っていくと荒れにくい肌になるので、毎日のスキンケアに取り入れてみてください。